【市販薬が効かない?】男性のカミソリ負けニキビの効果的対処法

スポンサードリンク

見た目を清潔に保つために必要な「ひげ剃り」。男性共通の毎日の身だしなみですが、中には肌が弱かったり、荒れやすくなってしまったりしていることで、「カミソリ負け」を起こしている方も多いでしょう。

しかし、カミソリ負けはいくつかの対処法があります。また、カミソリ負けの原因も限られているために、適切な対処法で改善する場合があります。

今回は、カミソリ負けに悩む男性に向けて、カミソリ負けの原因と対策、そしておすすめの化粧品をご紹介していきます。

カミソリ負けの原因は?

カミソリ負けの原因は?

カミソリ負けの原因を項目ごとにご紹介していきます。カミソリ負けにはいくつかの原因がありますが、それを知り適切に対処することで、改善・予防に役立てることができます。ぜひ参考にしてください。

1 使用しているカミソリの状態が悪い

刃の交換時期が過ぎているカミソリや、長い間掃除していないカミソリを使用していないでしょうか?刃が錆びていたり欠けていたりする場合、肌に直接的なダメージを負わせてしまいます。

また、カミソリの保存の状態が悪いと、雑菌が繁殖することで肌に悪影響があります。新しい刃と衛生的な津保存を心がけましょう。

2 間違った髭の剃り方をしている

間違った方法で髭を剃ることも、カミソリ負けの原因になります。たとえば、逆剃り(毛の生えている方向とは逆の方向から剃ること)をいきなりやってしまったり、洗顔と同時にやったり、強く剃りすぎてしまったりといった剃り方をしていると、カミソリ負けが発生する可能性が高まります。

3 肌が荒れ、傷つきやすくなっている

洗顔の方法や洗顔・髭剃り後のスキンケアが行われていない場合、髭剃り後の敏感な肌に汚れがたまり、ニキビや肌荒れの直接的な原因になります。ニキビはカミソリ負けでも発生しますので、注意が必要です。

正しいひげ剃りの方法は?

正しいひげ剃りの方法は?

ここでは、正しいひげ剃りの方法をポイントごとに解説しています。「なんとなく」ではなく、正しい方法を知った上で丁寧にひげそりを行うことによって、肌環境の改善が見込めます。ぜひ参考にしてくださいね。

1 最初に洗顔だけを行う

髭剃りを行う前に、まずはじめに丁寧な洗顔を行いましょう。直接手でゴシゴシと洗うのではなく、洗顔料をよく泡立てて洗顔をしていきます。終わった後は清潔なタオルでしっかりと水分を拭き取りましょう。その後、改めてぬるま湯で髭剃りをしていきます。

2 毛の流れに沿って剃っていく

突然の逆剃りは肌を痛める原因になります。丁寧に、毛の流れに沿ってカミソリを使っていきましょう。全体を剃り終えた後、剃り残しの部分をチェックします。剃り残しがあったら、ピンポイントでゆっくりと逆剃りしていくと、肌を傷めずにシェービングすることができます。

3 シェービングフォームを丁寧に使用する

シェービングフォームや、シェービングにも使える洗顔料を使用して髭剃りを行いましょう。スムーズに肌の上をすべらせるためには、シェービングフォームや洗顔料が必要不可欠です。電動カミソリの場合でも、必ず使用しましょう。

4 髭剃り後のケアを行う

髭剃りが終わったらすべて終わりではありません。洗顔、ひげそり後の肌は汚れが落ち敏感な状態になっています。化粧水や乳液を用いてスキンケアを徹底することで、肌荒れを防ぎ、カミソリ負けやニキビを予防することができます。

カミソリ負けに悩む方におすすめのメンズ化粧品

最後に、カミソリ負けに悩む方におすすめのメンズ化粧品をご紹介します。洗顔料や化粧水などスキンケアのために用いる道具は、出来る限り自分の肌環境にあったものを選ぶことが大切です。下記でご紹介している商品は、男性の肌に特化して作られているために、市販のものよりもスキンケアの効果が多く望めます。

BULK HOMME(バルク オム)

バルクオム商品紹介画像

引用:https://bulk.co.jp/lpa/1/?ad_code=AFB

 男性の乾きがちな肌の角質層まで潤いを浸透させるメンズコスメとして、SNSやテレビでも話題な程の人気と実績があります。乾燥肌もオイリーな肌も、どんなタイプの方でも使える点が特徴といえます。

今なら初回500円で7日分を「スキンケアコース」で試すことができますので、習慣として肌荒れ防止やスキンケアをしていくなら、バルクオムをおすすめします。

まとめ|毎日の習慣でカミソリ負けを改善しよう

まとめ|毎日の習慣でカミソリ負けを改善しよう

今回は、カミソリ負けに悩む男性に向けて、カミソリ負けの原因と対処法、そしておすすめのメンズ化粧品をご紹介しました。カミソリ負けは、日々のスキンケアや毎日の習慣次第で改善する可能性があります。

しかし、改善に努めていてもどうしても改善しない場合は、皮膚科などでしっかり診てもらうことも大切です。ご自身だけで悩まないようにすることも、大切な考え方になります。

肌環境の改善のためには、毎日意識的にご自身の肌と向き合う意識が大切です。ぜひ、今回の記事を参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA